トップ > 基金のしくみ > 厚生年金基金のしくみ

基金のしくみ

厚生年金基金のしくみ

3つの年金制度で安心。国と基金の両方から年金を受け取ることができます。

 国の年金には、日本に住むすべての20歳以上の人が加入する「国民年金」、民間の会社員が加入する「厚生年金保険」があります。
 基金に加入している人は、3つの年金制度(国民年金厚生年金保険基金)に加入することになり、将来、国と基金の両方から年金を受けられます。



 

それぞれの年金制度から受けられる年金

 国の年金制度からは、受給年齢に達したときの老齢年金、障害者になったときの障害年金、生計の担い手に先立たれたときの遺族年金が支給されます。
 国民年金から支給される年金は、老齢基礎年金障害基礎年金遺族基礎年金
 厚生年金から支給される年金は、老齢厚生年金障害厚生年金遺族厚生年金 です。
 JF基金からは、退職して受給年齢に達したときの退職年金や各種の一時金が支給されます。




豊かな老後のために。プラスアルファを上乗せして老齢厚生年金を支給

 JF基金の給付には、国の老齢厚生年金(報酬比例部分)を国に代わって運営し、プラスアルファを上乗せして支給する基本年金(基本部分)と、事業主負担分を原資とする独自の加算年金一時金(加算部分)があります。
 基本部分は、基金に加入したすべての人が受けられる給付、加算部分は加入員期間などについて一定の要件を満たした人が受けられる給付です。
 基金に加入された方は、将来、国と基金の両方から年金が支給され、基金のない会社に勤める人よりも豊かな老後保障が受けられるのです。