トップ > 基金の年金・一時金 > 60歳以上で働きながら年金を受ける場合

基金の年金・一時金

60歳以上で働きながら年金を受ける場合

JF基金の在職年金の取り扱いは、国と同様のしくみで一部または全部が停止されます。

●支給停止要件
 厚生年金保険加入事業所の60歳以上の在職者で、JF基金の年金受給者であり、厚生年金の在職老齢年金を受けられる人

●支給停止方法
 支給停止は国の厚生年金部分から優先して行われます。


 〔給与(総報酬月額相当額)+年金月額が47万円を超えた分の1/2相当額を停止します〕
   47万円


失業給付を受けていても基金の年金は全額支給されます

 雇用保険の失業給付を受けていると、国の年金は全額支給停止されますが、JF基金の基本年金と加算年金は、失業給付を受けていても100%支給されます。