トップ > 基金の年金・一時金 > 老後の年金の支給開始年齢

基金の年金・一時金

老後の年金の支給開始年齢

老齢厚生年金の支給開始年齢は生年月日によって異なります

 サラリーマンが老後に国から受ける老齢厚生年金の支給開始年齢は、生年月日によって異なっています。60歳代前半に受ける老齢厚生年金には「報酬比例部分」と「定額部分」がありますが、それぞれ支給開始年齢が下図のように引き上げられ、昭和36年4月2日以後生まれの男性、昭和41年4月2日以後生まれの女性が年金を受け始めるのは65歳からとなります。
老後の年金の開始年齢

基金の年金は何歳から受けられるか

 基金が支給する基本年金は、国からあずかった老齢厚生年金の一部にプラスアルファを上乗せしたものです。このため、基金の基本年金についても、国の報酬比例部分の年金と同様のスケジュールで生年月日により支給開始年齢が引き上げられていきます。
 基金独自の加算年金については、原則60歳から支給しますがJF基金加入事業所の加入員である場合は65歳から支給されます。

 支給開始年齢を繰り上げて早くから年金を受ける 
 支給開始年齢の引上げにより、報酬比例部分と定額部分を60歳からあわせて受けられなくなる人は、65歳からの老齢基礎年金や老齢厚生年金などの支給開始を60~64歳に繰り上げて、早くから年金を受けることもできます。
 ただし、支給開始年齢を繰り上げると、繰り上げた年数に応じて年金額が一定の率で減額され、65歳以降も減額された年金が支給されることになります。