トップ > 基金の年金・一時金 > JF基金の給付のあらまし

基金の年金・一時金

JF基金の給付のあらまし

第1種退職年金と第2種退職年金

 基金の年金には第1種退職年金(基本年金+加算年金)と第2種退職年金(基本年金)があり、いずれも60歳(支給開始年齢)から生涯受けられます。
 このほか、加算部分の給付として脱退一時金遺族一時金選択一時金があります。
 一時金を退職金の内枠に組み入れることができます。なお、この内枠扱いの一時金は本人のご希望によって加算年金にすることもできます。
 年金・一時金を受けるための要件を満たした方は、必ず裁定請求を行ってください。

加算適用加入員期間(一時金給付を受けていない期間)の数え方

基金加入3年後に脱退し、一時金の給付を受けた人が基金に再加入した後に7年目で脱退した場合の加入員期間は10年ですが、加算適用加入員期間は一時金を受けた加入員期間を除いた7年と数えます

加算適用加入員期間(一時金給付を受けていない期間)の数え方


第1種退職年金と第2種退職年金